読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『世界にひとつのプレイブック』(原題:Silver Linings Playbook)、ちょっと変わった人の多い映画?


スポンサーリンク

2012年アメリカ映画。異色のラブコメディーか、コメディ映画になるのかな。

変わっている人が多いというか、個性的な人たちのハートフルコメディー映画というのが良い言い方かもしれない。

監督・脚本:デヴィッド・O・ラッセル

 キャスト

・パット(ブラッドリー・クーパー

ティファニージェニファー・ローレンス

・パットの父親ロバート・デ・ニーロ

・パットの母親(ジャッキー・ウィーヴァー

・ダニー(クリス・タッカー)、パットが入院中に親しくなった友達。

という楽しめそうなキャスト。

 

ー あらすじ -

躁うつ病のパットは、8ヶ月間精神病院に入院していたが、母親が迎えに来て退院する。

その帰りの車にダニーも乗せるのだが、ダニーは許可が出ていないのに勝手に出てきたと連絡があって、連れ帰すことになる。

病院内でも体を鍛えることを心がけていて、実家に戻ってからもジョギングをするパットだが、何故か黒いゴミ袋を綺麗に切ってかぶっている(サウナスーツ効果?)。

 

ー 感想までではない、なにか

この映画、最初のパット(ブラッドリー・クーパー)が病院から退院するところで、以前も観たことある映画でした。

実家に戻って夜中にヘミングウェイ(だっけ?)の小説を読んで、両親が寝ているところで怒って騒いだりと。

薬を飲まないのも選択ではあるけれど、ここまでになると家族が大変だなと思いながら。

 

そんな時に友達との食事でティファニージェニファー・ローレンス)と出会って、ティファニーはパットがジョギングしているのに付いて来たりして気になる様子。

ティファニーにも問題があって、セラピー治療を受けている。

 

そういうわけで、前にも観たけど最後を覚えていないから、もう一度観ていたのだけど、寝てしまいました。

途中まで見て、少しだけブログを書いて下書きのまま保存していました。

 

この映画、また観たことを忘れて観そうなので、自分のために感想を置いておこうと思います。

 

ブラッドリー・クーパーが気になる俳優さんというのと、ジェニファー・ローレンスも前に観た『ハンガー・ゲーム』が面白かったのを覚えています。

 

ダンスをはっきりと覚えていないのは残念だけど、また最初から見るのはしないだろうと思う。

私には合わないストーリーというか、ロバート・デ・ニーロ父親役も少し変わっていて嫌いではないのだけど、途中で飽きてしまう箇所がありました。

 

映画は、その時の気分なども関係するから、こういう映画を見たいと思ったときに見るのが良い映画かもしれない。

あ、この映画だけじゃなくて、静かな映画で寝てしまった映画はいっぱいあります。