読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『イエスマン “YES”は人生のパスワード』(原題:Yes Man)、ジム・キャリー主演の感想やネタバレ

映画 -ジム・キャリー -ブラッドリー・クーパー

スポンサーリンク

2008年のアメリカ映画。ジャンルはコメディ。

昨日は気分転換するつもりで内容が暗めの映画を選んでしまったので、今日こそ楽しい映画を観よう!と思って『イエスマン “YES”は人生のパスワード』を観ることに。

この映画の原作者はダニー・ウォレスというイギリスの方で、「イエス」と答える実体験に基づいて製作されました。

 

原作者のダニー・ウォレスは、全てのことに「YES」と言うことを体験して、起こったことを書籍にしています。

現実でYESと言い続けるとどうなるのか、この原作も読んでみたくなりました。

映画のキャストは、「イエス」と言う男性にジム・キャリーということで、かなり期待できそうだなと思いながら。

他にも『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』でブレイクした、ブラッドリー・クーパーも出演。

 

ー あらすじ -

カール・アレン(ジム・キャリー)は、銀行員をしていて、友人との付き合いも「NO」と答えたり、電話にも出なかったり。

そんな全ての事柄を避けて断っている生活を続けているのには、離婚したことから立ち直れていない現実があった。

親友のピーター(ブラッドリー・クーパー)の婚約パーティーまで忘れて(わざと?)すっぽかすほどのネガティブ男。

そんな日々を送っていたカールだが、ある日、知人のニック(ジョン・マイケル・ヒギンズ)から「人生を楽しめ」と言われる。

孤独死する夢を見たこともあって、ニックに勧められたセミナーに参加してみることに。
そのセミナーは「YES」と書いた布のバッグをみんなが持っていて、ステージにテレンス(テレンス・スタンプ)が登場。
初参加のカールがステージに来るのを今日は見学だからと断るから、カールの席まで走っていって「YES」についての教えを説く。

「NO」という言葉を使うと会場中からブーイングの嵐になって、カールは、「YES」と答えることを誓ってしまう。
テレンスの迫力も凄まじいです。

そのセミナーの帰りに、カールはホームレスの男性に車に乗せて欲しいと頼まれて「YES」と答える。
車中でもお願いされたことに「YES」と答えたことから、携帯の充電も切れてお金もあげてしまった。
戻ろうとするとガス欠になり、ガソリンスタンドまで歩いて行くことになる。
そこでスクーターに乗った女性アリソン(ズーイー・デシャネル)と出会って、スクーターで車の場所まで送ってもらう。

その後もカールは、仕事もプライベートも「イエス」と言い続けて、色んな人との出会いや、色んなところに出かける。

ー 感想 -
ジム・キャリーが演じているから面白いのもありそう。
最初の全部断っているカールからイエスマンになって、性格も明るくなるのが良かった。
仕事でも誰にでも融資するという、普通ならクビになることをやって、良い方向へと向かってるのは映画だからなのかなと思ってしまうけど。

開き直って全てを肯定するというのは大変だけど、それを実行していって自分からも他人と関わろうとしていくのは、これが出来れば人生が変わるかもしれないね。

私がジム・キャリーを好きというのもあるけど、『イエスマン』の映画は楽しかったです。

テレンスとも再会して、あの自己啓発のセミナーの「YES」と言うことの意味も理解します。
細かく見ると、「イエス」と答えると宣言してから一度老女の誘いを断ったら、階段から落ちたりと悪いことが起こったのが、タイミングが良すぎだとは思うけど。
でも、それくらいの思い込みがあってこその「イエスマン」だったのだろう。

肯定することやポジティブ思考について深く考えると、違った見方になるかもしれません。
ジム・キャリーが根暗な男から、イエスマンで行動力のある人になる役を演じた映画というので、面白くて好きな映画です。