読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バラエティ番組『モニタリング』、映画「キセキ」から松坂桃李と菅田将暉がカラオケボックスの店員に


スポンサーリンク

『ニンゲン観察!モニタリング』に松坂桃李菅田将暉が出演するということで、楽しみにしていました。

モニタリング』の前には、フジテレビ系『VS嵐』に映画『キセキ ーあの日のソビトー』の出演者さんたちと参戦。

 そういうわけで、2017年1月19日(木)の夜はテレビで松坂桃李菅田将暉のお二人を見て、イケメンでも面白いわ~と楽しんでおりました。

 

VS嵐』のほうでは、今回はみんなに自慢できることを聞いてみたということで、

映画キセキチームの横浜流星は、極真空手の元世界チャンピオンというのが凄かった。

成田凌は、美容師免許を持っているということでした。

 

『キセキ ーあの日のソビトー』の映画が、グループ「GReeeeN」の名曲「キセキ」の誕生秘話っていうので、観てみたい映画になっています。

松坂桃李菅田将暉のダブル主演っていうのもイイ!

 

最近は、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』にも出演していた菅田将暉の個性が気に入っています。

個性?才能というのかな?不思議な魅力を持っている方ですよね。

歌も上手いし、『さんまのまんま』に出演したときは、さんまさんへのお土産にスカジャンを自分でミシンを使って縫って作って持ってきていて、丈が短いというのはあったけど、服まで作れるなんて凄いな~と。

 

『ニンゲン観察!モニタリング』は、松坂桃李菅田将暉が変装してカラオケボックスの店員さんになっていました。

が、松坂桃李もあやしい店員さんになっていたり、菅田将暉松坂桃李に無茶ぶりしたりして、二人ともがモニタリングをとても楽しんでいるようでした。

二人がばれるギリギリのことをしているのを見て、私もめっちゃ笑わせてもらいました。

 

お客さんの部屋に長居しようとして、何かするのかと思ったら、座ったまま無言で何もしない

で、変な人と思われているのが、快感になってきてる菅田将暉と、別の手を使うのかと思ったら同じやり方で松坂桃李まで長居しようとするのが面白すぎる。

お客さんへのお詫びにジンジャーエールを持っていって、大きいのと小さいの、どちらが良いか選んでもらおうという菅田将暉の発想も凄いね。

そのジンジャーエールを持っていく役は、松坂桃李におしつけてるのも、面白かった。

 

映画やドラマの宣伝だとしても、こうやってバラエティ番組に俳優さんが出演して、普段と違う一面を見ることができるのって、楽しめるし嬉しいことです。

 

映画『キセキ ーあの日のソビトー』は、2017年1月28日に公開ということですが、この映画が完全ノベライズで、朝日文庫から出版されています。

また、映画『キセキ ーあの日のソビトー』で「GReeeeN」のメンバーを演じる

菅田将暉、成田凌、横浜流星、杉野遥亮

の4人で結成されたユニット「グリーンボーイズ」として、10年前にデビューしたGReeeeNのデビューと同日の1月24日にCDデビューする。

Amazon.co.jp限定商品もあります。

 

【Amazon.co.jp限定】グリーンボーイズ(初回生産限定盤)(DVD付)(ロゴ缶バッジ)

【Amazon.co.jp限定】グリーンボーイズ(初回生産限定盤)(DVD付)(ロゴ缶バッジ)

 

 

グリーンボーイズとして、本日1月20日の『ミュージックステーション2時間SP』にも出演するということで、聴いてみたいなと思っています。