久しぶりに本屋に行ったのはいいが・・・欲しい本を思い出せず。


スポンサーリンク

いや~恥ずかしながら、ほんとに、タイトルのままであります。

 

『アメトーク 読書芸人』も第2弾第3弾は、読書芸人の方のオススメ本をまとめた記事も書いていました。

なんのためって、読みたい本をみつけて買うためですよ・・・

 そんなわけで、「アメトーク」の読書芸人の方が紹介していた本はここにまとめていて、他にもネットなどで興味のある本は「読書メーター」というサイトで読みたい本に登録していたりもします。

 

読書メーター」は、読みたい本を登録しすぎると全部を見るのが大変になるので、多く登録するには、まとめ方に工夫が必要かもしれません。

 

いつも忘れているのは、「教団X」の著者・中村文則の本を何か読んでみたいと思っていて、本屋に行くたびに買わずに帰ってきてしまっています。

買えてないのに、中村文則さんの小説の中のどれか、とはっきりと決めていないままというのもありそう。

川上未映子さんの本も読んでみたいなと思いながら、そのままになっちゃってて。

これだけネットで検索できる時代なんだから、私もどの本を読んでみたいか決めてから本屋に行けばいいのにね。

 

うちの近所の本屋はあまり広くないから、本を探すのは難しくない。

欲しかった立花隆さんの文庫はみつからなかったけれど。

長編小説はなかなか読めなくて積読本にしてしまいそうだから、今日はあまり見ないように。

 

今日は、ずっと読んだことがあるような気がしていたけど、持っていなかった

月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)北村薫(著)、おーなり由子(絵)

 を買いました。

レビューでも良さそうだし、読みやすそうだから買ってみました。

他にも何冊か買ったので、また読んでいこう

 

と、この本は欲しくて買うつもりで書店に行ったから、タイトルにある欲しい本を思い出せずって訳でもないんだけどね。

やっぱり作家さんの名前を覚えていたはずなのに、誰だっけ?って本棚の前で突っ立ってる自分にショックがあったよ。

 

小説を読むようになったら、読書用のブログも書こうと思っているのに、大丈夫なのかな私。

文章を書くのに、語彙力だけはつけたいと思っていて、ただの日記を書くにしても語彙力がある人になると、表現力に幅がありそうで。

私が自分でも文章力がないというのを自覚していて、難しい言葉を無理には使わないけど、分かりやすい読みやすい文章を書けるようになりたい。

こうやって書いていても、結構難しいなと感じるし。

最後を、です、ます、ばっかりにするとなんか変になるから、違うように書いてみているけど、そっちはそっちでなんだかな~と。

 

エッセイなんかを読めば、文章の書き方が上手くならないかな。ネットで読むのに読みやすい文章を目指して頑張ります。

 

広告を非表示にする