映画『信長協奏曲(のぶながコンチェルト)』2016年公開、小栗旬が主演で二役を演じるタイムスリップ映画

テレビでしていたので、そういえば最後ってどうなるんだろう?と思って鑑賞。 2014年にフジテレビ系月9で連続ドラマとして放送された、その後の物語。 原作は、石井あゆみの漫画で、アニメにもなっています。 ネタバレありなので、知りたくない方は注意…

邦画『日本で一番悪い奴ら』2016年公開、綾野剛主演の感想(ネタバレあり)

最近、俳優の綾野剛さんが気になって、普段はあまり観ないジャンルの『日本で一番悪い奴ら』の映画を観ました。 公開したときに、綾野剛がシャブを打つ演技が本物みたい(だったかな?)ということが話題になっていたのも、どんな演技なんだろうと期待しなが…

10月9日の『Qさま!!』は、東大生&京大生が選んだスゴイ本ベスト30、その2

東大生&京大生が選んだスゴイ本ベスト30の半分を見終わって、思っていたよりも普通の本だったというのが感想です。 第19位の『スーホの白い馬』は、小学校の教科書に載っていたり、絵本にもなっているので読んでみたいな。 ということで、第15位までを自分…

10月9日の『Qさま!!』は、東大生&京大生が選んだスゴイ本ベスト30、その1

東大生&京大生が選んだ歴代のスゴイ本ベスト30からの出題の3時間SPということで、選ばれた30冊を知りたくて見ていました。 『Qさま!!』は時間があるときに見ていて、難しいクイズ番組というのでも楽しめますね。(私が無知なだけかもしれないけど、聞いた…

2017年10月6日の金曜ロードSHOW!『映画 ホタルノヒカリ』ネタバレあり

原作はひうらさとる(作)の雑誌「Kiss」で連載された漫画。 連続ドラマでパート2まで放送されていて、この映画は、その後を描いた作品となっています。 出演は、綾瀬はるか、藤木直人、松雪泰子、手越祐也。 映画の舞台もイタリアのローマということで、観…

7月29日の「土曜プレミアム」アニメ『心が叫びたがってるんだ。』

地上波初登場ということで、実写映画化もされた『心が叫びたがってるんだ。』のアニメ映画を鑑賞しました。 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフが終結したということで、ちょっと興味もあって。

『SING/シング』、どこかで聴いた事のある懐かしい曲から最新曲まで楽しめる映画

この映画はミュージカルに入るのかな?色んな洋楽が楽しめる映画です。 字幕派と吹き替え派にわかれそうですが、私は字幕で観ました。 吹き替えのほうも観る機会があれば観てみたいキャストになっています。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』土曜プレミアムで4週連続でシリーズが放送

6月17日(土)は、夜の9時30分からの放送で、第1作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』が放送されました。 昔1作目だけ見て、テレビで放送されるたびに見ようと思いながらも見逃してしまっていたので、今回は連続で見たいなと思っています…

6月10日の「土曜プレミアム」は、映画『インデペンデンス・デイ(Independence Day)』、ネタバレありの感想

1996年のアメリカ映画。以前にも観ていたけれど、テレビで放送していたので鑑賞しました。 監督は、『デイ・アフター・トゥモロー』『2012』などのローランド・エメリッヒ。 この映画が「ID4」と呼ばれるのは、インデペンデンスデイ=アメリカの独立記念日…

今日の金曜ロードSHOW!は、『ウルヴァリン:SAMURAI』地上波初放送、舞台は日本。

映画『X-メン』のシリーズは何作もあって、全部は見ていないままになっています。 今回の『ウルヴァリン:SAMURAI』は、2013年公開のアメリカ・オーストラリア合作。 日本が舞台っていうので、ヒュー・ジャックマンを見るだけじゃなくて、日本がどういう風に…

どこまでネタバレを書くのか、ちょっとだけ考えた

映画の感想ブログを細々と書いていると、「ネタバレ」って書くほうがいいのか、書かないほうがいいのか、悩むときがあるよね。 ヒューマンドラマやコメディだったら、ネタバレしても問題ないと思う。 でも、それがミステリーなどの最後に犯人が分かるような…

『しくじり先生』オリラジ中田、古代ギリシャの数学者ピタゴラス。その2

1ページにまとめればいいのだろうけど、まとめ方が下手すぎるので、記事を分けています。 最初の記事は、↓ siesta.hatenablog.jp

6月4日の『しくじり先生』でのオリラジ中田の授業は、古代ギリシャの数学者ピタゴラス。

『しくじり先生』でオリラジ中田の授業というと、「星の王子様」と「銀河鉄道の夜」といった小説の授業が凄く好きで感動したのを覚えています。 それ以外の偉人の授業も、もちろん面白くて勉強になっています。 そんなわけで、今回はピタゴラスの天才っぷり…

映画『マイノリティ・リポート(Minority Report)』スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演が6月3日「土曜プレミアム」で放送

原作はフィリップ・K・ディックの短編集、近未来SF超大作のアメリカ映画。 2002年に公開ということで、15年前の映画です。もっと新しい映画という感覚でいました。 スティーヴン・スピルバーグ監督で、トム・クルーズ主演ってなると面白くないわけがない(200…

映画『ベスト・キッド(The Karate Kid)』2010年リメイク版、6月2日の「金曜ロードSHOW!」

映画の『ベスト・キッド』というと1984年製作の空手を白髪の老人(?)に少年が教わるシリーズも大ヒットしました。 そのリメイク版ということですが、英語のタイトルは『The Karate Kid』とオリジナル版と同じまま、武術は空手がカンフーに変わっています。

『櫻井・有吉THE夜会』での本郷奏多の潔癖さの話が凄かった

最近はバラエティ番組で、俳優の方が自分のことを隠さずに話すことも多くなっていますね。 そういうのもあって、バラエティ番組をよく見るようになっています。

バラエティー番組『しゃべくり007』にANZEN漫才のみやぞん、狂言師の野村萬斎が出演。

みやぞんは身体能力も高くて『世界の果てまでイッテQ!』で空中ブランコしているのを見たときは、凄いなと思っていました。 天然系のキャラも面白くて、どんな話になるのかなと『しゃべくり007』も期待。 番組中も「実は凄い男 みやぞんの『特殊能力007…

アニメ『彩雲国物語(さいうんこくものがたり)』美形男子が多い中華風ファンタジー、第1話

少し前に『キングダム』のアニメを観て、王騎将軍のかっこよさに惚れたのだけど、王騎がでなくなると寂しくなって。 中国つながりとまでは言えないかもしれないけど、中華風の架空小説が原作のアニメ『彩雲国物語』も好きな美形キャラが多かったな~と思って…

ブラッド・ピットが来日中

ブラッド・ピットのファンです!といっても、昔大好きだった俳優さんだけど。 最近は、アンジェリーナ・ジョリーとの離婚などのニュースで心配だったのだけど、来日している写真と記事をみる限りでは元気そうで安心しました。

2014年公開、仏独合作『美女と野獣』(2017年5月19日「金曜ロードSHOW!」)

『美女と野獣』は、現在アメリカ映画も上映されていますね。 エマ・ワトソン主演のほうも観てみたいなと思っています。 昨日の夜に、フランス・ドイツ合作のほうの2014年版がテレビで放送されたので鑑賞しました。

昨日の『関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦』で、ピアニスト中村紘子さんの訃報を知る

今更ながらなので恥ずかしいのですが、去年の2016年に亡くなっていたというのを聞いて、驚いています。 昨日のピアノ対決にお弟子さんが出演していたから知ることが出来ました。 そんなわけで、今回はピアノ対決よりも、中村紘子さんの著書などについて書こ…

現代風になった名作ミュージカル、映画『ANNIE/アニー』

5月5日の「金曜ロードショー」は、地上波初登場のミュージカル映画『ANNIE/アニー』が放送されました。 製作には、ウィル・スミスもいます。 「アニー」といえば、ブロードウェイ・ミュージカルだと思っていたのだけど、この2014年度の映画化で3回目でした。

なにげなく『モニタリング』を見ていて、覚えておきたくなったもの

2017年5月4日の「人間観察バラエティ 『モニタリング』」を見ていて、スーパーでのクイズ対決みたいなのをやっていて、芸能人ではラサール石井さんと麻木久仁子さんが出演していました。 「イカ」の漢字を、烏賊じゃなくて魚へんに鳥と書いてもイカというの…

『キングダム』のアニメで王騎に惚れた!

中国の歴史というより、歴史全般が苦手な私です(特に中国は漢字が読めなくて)。 ここのところテレビなどで『キングダム』という漫画の名前を耳にして、興味が出てきてアニメを観ました。

アニメ『斉木楠雄のΨ難』が面白かった。

原作は週間少年ジャンプで連載されている麻生周一のマンガです。 超能力者ということと、見た目がまっピンク(ショッキングピンク?)の髪の色で何かが頭に付いているのにも興味があって鑑賞しました。

科学的に「速読」は不可能というニュースを読んだ。そうだったのか・・・

私もいつかは速読を~という憧れがあったのもあって、このニュースを読んで「えぇ~出来ないのか・・・」とショックを受けました。 速読が出来るようになるというような本って、結構売っていますよね? それをすれば出来るようになるのかなと思いながら、普…

久しぶりにマンガを一気読み、今回読んだのは『スキップ・ビート!』仲村佳樹(作)

マンガを久しぶりに一気読みしたわけですが、現実逃避にもなって至福の時間だなと感じました。 学生時代はマンガが好きで集めている友達が何人か近所にいたから、貸し借りしながら読んでいた懐かしい思い出も蘇って。

アメトーク 2時間SP、3月19日。勉強大好き芸人が面白かった。

オリラジ中田、京大出身のロザン宇治原、カズレーザーなどが登場ということで、どんなのだろう?と思って見てみました。 中田とカズレーザーの個性が好きだから、見ていて面白い! 勉強法も、参考になりました。

『世界にひとつのプレイブック』(原題:Silver Linings Playbook)、ちょっと変わった人の多い映画?

2012年アメリカ映画。異色のラブコメディーか、コメディ映画になるのかな。 変わっている人が多いというか、個性的な人たちのハートフルコメディー映画というのが良い言い方かもしれない。 監督・脚本:デヴィッド・O・ラッセル

映画『イエスマン “YES”は人生のパスワード』(原題:Yes Man)、ジム・キャリー主演の感想やネタバレ

2008年のアメリカ映画。ジャンルはコメディ。 昨日は気分転換するつもりで内容が暗めの映画を選んでしまったので、今日こそ楽しい映画を観よう!と思って『イエスマン “YES”は人生のパスワード』を観ることに。